日本インターネット映画大賞

スマートフォンの横画面にてご覧下さい。

第16回(2011年)日本インターネット映画大賞結果

日本映画部門
作品賞(ベストテン)
1位106点冷たい熱帯魚
2位90点八日目の蝉
3位86点ステキな金縛り
4位71点阪急電車 片道15分の奇跡
5位65点モテキ
6位49点探偵はBARにいる
7位47点奇跡
8位41点マイ・バック・ページ
9位38点エンディングノート
10位36点コクリコ坂から
監督賞9票
園子温
「冷たい熱帯魚」「恋の罪」
主演男優賞6票
原田芳雄
「大鹿村騒動記」
森山未來
「モテキ」
主演女優賞11票
永作博美
「八日目の蝉」「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」
助演男優賞15票
でんでん
「冷たい熱帯魚」「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」「CUT」
助演女優賞5票
小池栄子
「乱暴と待機」「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」「八日目の蝉」
ニューフェイスブレイク賞6票
二階堂ふみ
「劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ」「指輪をはめたい」
音楽賞6票
モテキ
ブーイングムービー賞4票
DOG×POLICE 純白の絆
投票者数ランキング20人
冷たい熱帯魚
八日目の蝉
思い入れ度ランキング5.733点
ステキな金縛り
外国映画部門
作品賞(ベストテン)
1位 85点 ブラック・スワン
2位 70点 英国王のスピーチ
3位 61点 ソーシャル・ネットワーク
4位 59点 X-MEN:ファースト・ジェネレーション
5位 56点 ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
6位 48点 ミッション:8ミニッツ
7位 47点 猿の惑星:創世記(ジェネシス)
8位 42点 127時間
マネーボール
10位 36点 塔の上のラプンツェル
監督賞6票
ダニー・ボイル
「127時間」
主演男優賞7票
ジェームズ・フランコ
「127時間」
主演女優賞26票
ナタリー・ポートマン
「ブラック・スワン」「抱きたいカンケイ」「メタルヘッド」「水曜日のエミリア」
助演男優賞7票
ジェフリー・ラッシュ
「英国王のスピーチ」「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉」
助演女優賞4票
ジェシカ・チャステイン
「ツリー・オブ・ライフ」
ヘレナ・ボナム=カーター
「英国王のスピーチ」「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2」
ニューフェイスブレイク賞8票
ヘイリー・スタインフェルド
「トゥルー・グリット」
音楽賞4票
127時間
ブーイングムービー賞3票
カウボーイ&エイリアン
シャンハイ
投票者数ランキング22人
ブラック・スワン
思い入れ度ランキング6.600点
スーパー!

日本映画作品賞

有効投票数:52票
1位106点冷たい熱帯魚
2位90点八日目の蝉
3位86点ステキな金縛り
4位71点阪急電車 片道15分の奇跡
5位65点モテキ
6位49点探偵はBARにいる
7位47点奇跡
8位41点マイ・バック・ページ
9位38点エンディングノート
10位36点コクリコ坂から
11位31点ツレがうつになりまして。
12位30点電人ザボーガー
13位29点大鹿村騒動記
14位28点恋の罪
東京公園
聯合艦隊司令長官 山本五十六
17位26点白夜行
18位25点海炭市叙景
プリンセス トヨトミ
20位23点friends もののけ島のナキ
21位22点一命
22位20点映画 けいおん!
GANTZ(ガンツ)
24位18点少女たちの羅針盤
25位16点劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ
ミツバチの羽音と地球の回転
27位15点歓待-Hospitalité-
ゲキ×シネ 薔薇とサムライ
指輪をはめたい
30位14点一枚のハガキ
うさぎドロップ
神様のカルテ
33位13点「太平洋の奇跡」−フォックスと呼ばれた男−
はやぶさ HAYABUSA BACK TO THE EARTH
35位12点日輪の遺産
毎日かあさん
37位11点嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん
SP 革命篇
GANTZ PERFECT ANSWER
監督失格
ハラがコレなんで
42位10点映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 〜はばたけ 天使たち〜
岳−ガク−
吉祥寺の朝日奈くん
ジーン・ワルツ
その街のこども 劇場版
ダンシング・チャップリン
48位9点忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー 〜感度サイコ―!!!〜
タナトス
ハードロマンチッカー
ふゆの獣
52位8点あぜ道のダンディ
劇場版マクロスF〜サヨナラノツバサ〜
さや侍
55位7点あしたのジョー
高校デビュー
サウダーヂ
サラリーマンNEO 劇場版(笑)
洋菓子店コアンドル
60位6点相棒 劇場版 II
源氏物語 千年の謎
デンデラ
とある飛空士への追憶
Peace ピース
真夜中からとびうつれ
もしドラ〜もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら〜
67位5点あぜみちジャンピンッ!
アブラクサスの祭
うまれる
管制塔
最後の忠臣蔵
武士の家計簿
僕と妻の1778の物語
ラビット・ホラー3D
75位4点がんばっぺ フラガール! 〜フクシマに生きる。彼女たちのいま
婚前特急
死にゆく妻との旅路
照和 My Little Town/KAI BAND
七つまでは神のうち
パンドラの匣
ヒーローショー
ヘルドライバー
僕たちは世界を変えることができない。
星守る犬
BOX 袴田事件 命とは
見えないほどの遠くの空を
夜明けの街で
落語物語
89位3点アトムの足音が聞こえる
アンダルシア 女神の報復
行け!男子高校演劇部
軽蔑
ケンタとジュンとカヨちゃんの国
極道めし
ショージとタカオ
ちょんまげぷりん
天国からのエール
まほろ駅前多田便利軒
乱反射
100位2点SPACE BATTLESHIP ヤマト
ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う
星を追う子ども
未来の記録
YOYOCHU SEXと代々木忠の世界
105位1点犬飼さんちの犬
大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇
カリーナの林檎 チェルノブイリの森
川の底からこんにちは
キミとボク
朱花の月
スマグラー おまえの未来を運べ
世界のどこにでもある、場所
たまたま
DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?
NINIFUNI
不倫純愛
マリア様がみてる
ワイルド7
惑星のかけら

 2010年末に試写会などで先行で観たBlogerの皆さんもかなり注目されていた園子温監督の「冷たい熱帯魚」がぶっちぎりのベスト1となりました。
 とはいえ、「八日目の蝉」も点数は届かなかったものの投票者数では同率1位です。
 1位と2位は人間の心の闇に焦点を持ってきた、鑑賞後に重い余韻を残すものになりましたが、3位以下に並ぶのは」「ステキな金縛り」「阪急電車 片道15分の奇跡」をはじめ、3.11の東日本大震災の暗さを払拭してくれるような楽しい作品が続きました。

日本映画監督賞

1位9票園子温「冷たい熱帯魚」「恋の罪」
2位8票三谷幸喜「ステキな金縛り」
3位3票新藤兼人「一枚のハガキ」
砂田麻美「エンディングノート」
是枝裕和「奇跡」
山下敦弘「マイ・バック・ページ」
7位2票大根仁「モテキ」
城定秀夫「タナトス」
成島出「八日目の蝉」
橋本一「探偵はBARにいる」
11位1票青山真治「東京公園」
井口昇「電人ザボーガー」
入江悠「劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ」
鎌仲ひとみ「ミツバチの羽音と地球の回転」
熊切和嘉「海炭市叙景」
"瀬田なつき"「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」
鶴橋康夫「源氏物語 千年の謎」
富田克也「サウダーヂ」
波多野貴文「SP 革命篇」
平野勝之「監督失格」
松本人志「さや侍」
山田尚子「映画 けいおん!」

 実在の事件をモチーフに衝撃的に描かれた「冷たい熱帯魚」「恋の罪」で、園子温監督が1位を獲得しました。どちらかというと好みが分れそうな作品が多い監督だけに、日本映画界における注目度の高さがうかがえます。
 1票差で2位だった三谷幸喜監督の 「ステキな金縛り」は誰が見ても楽しめる娯楽作品。3年ぶりの監督作品に対する世間の期待を見事に笑いで吹き飛ばしてもらえました。

日本映画主演男優賞

1位6票原田芳雄「大鹿村騒動記」
森山未來「モテキ」
3位5票大泉洋「探偵はBARにいる」「モテキ」
4位3票板尾創路「電人ザボーガー」
5位2票市川海老蔵「一命」
堺雅人「日輪の遺産」「ツレがうつになりまして。」
砂田知昭「エンディングノート」
染谷将太「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」
竹野内豊「『太平洋の奇跡』−フォックスと呼ばれた男−」
永瀬正敏「毎日かあさん」
松山ケンイチ「うさぎドロップ」「GANTZ(ガンツ)」「GANTZ PERFECT ANSWER」「マイ・バック・ページ」
役所広司「聯合艦隊司令長官 山本五十六」
13位1票伊勢谷友介「あしたのジョー」
岡田准一「SP 革命篇」
岡田将生「アントキノイノチ」
岸谷五朗「夜明けの街で」
高良健吾「白夜行」
妻夫木聡「マイ・バック・ページ」
でんでん「冷たい熱帯魚」
徳山秀典「タナトス」
西島秀俊「CUT」
二宮和也「GANTZ PERFECT ANSWER」
光石研「あぜ道のダンディ」
ルイジ・ボニーノ「ダンシング・チャップリン」

 昨年7月お亡くなりになった原田芳雄さんと森山未來さんが同数での主演男優賞受賞となりました。
 原田さんは、遺作となった「大鹿村騒動記」での右往左往する主人公の姿が印象に残った方が多かったでしょう。
 森山さんは、「モテキ」でのモテキっぷりと、女性ユニットPerfumeとのミュージカル風ダンスが非常に印象に残りました。ダンスは本当にすばらしかったです!
 「探偵はBARにいる」でのコミカルだがカッコイイ(?)探偵を演じた大泉洋さんは3位と惜しくも受賞とはなりませんでした。

日本映画主演女優賞

1位11票永作博美「八日目の蝉」「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」
2位5票宮崎あおい「神様のカルテ」「ツレがうつになりまして。」
3位4票堀北真希「白夜行」
4位3票大竹しのぶ「一枚のハガキ」
二階堂ふみ「劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ」
6位2票芦田愛菜「うさぎドロップ」
榮倉奈々「東京公園」
8位1票井川遥「東京公園」
井上真央「八日目の蝉」
神楽坂恵「恋の罪」
"加藤めぐみ"「ふゆの獣」
菅野美穂「ジーン・ワルツ」
桐谷美玲「スノーフレーク」「乱反射」
黒沢あすか「冷たい熱帯魚」
小泉今日子「毎日かあさん」
佐藤江梨子「その街のこども 劇場版」
杉野希妃「歓待-Hospitalité-」
長澤まさみ「モテキ」
中谷美紀「阪急電車 片道15分の奇跡」「源氏物語」
中村優子「不倫純愛」
成海璃子「少女たちの羅針盤」
深津絵里「ステキな金縛り」
星野真里「吉祥寺の朝日奈くん」
水野美紀「恋の罪」
吉高由里子「婚前特急」

 永作博美さんが主演女優賞受賞となりました。永作さんは第12回(2007年)では助演女優賞を受賞されて以来、4年ぶり2回目の受賞です。
 「八日目の蝉」ではバッサリ髪を切り、ボロボロになりながらも誘拐した不倫相手の娘を育てた母性愛に胸が打たれました。また、「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」での優しく強い妻(母)も非常に印象的でした。
 アイドルから一転、「白夜行」で悪女を演じた堀北真希さんが3位。堀北さんの今後に注目です。

日本映画助演男優賞

1位15票でんでん「冷たい熱帯魚」「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」「CUT」
2位5票松田龍平「まほろ駅前多田便利軒」「探偵はBARにいる」
3位4票西田敏行「ステキな金縛り」
4位3票香川照之「コクリコ坂から」「聯合艦隊司令長官 山本五十六」「アンフェア the answer」「ラビット・ホラー3D」「あしたのジョー」「SP 革命篇」「カイジ2〜人生奪回ゲーム〜」
中井貴一「プリンセス トヨトミ」「ステキな金縛り」
6位2票安藤政信「スマグラー おまえの未来を運べ」
伊勢谷友介「あしたのジョー」「カイジ2〜人生奪回ゲーム〜」
8位1票阿部寛「ステキな金縛り」
唐沢寿明「「太平洋の奇跡」−フォックスと呼ばれた男−」
高嶋政伸「探偵はBARにいる」
高嶋政宏「スマグラー おまえの未来を運べ」
田口トモロヲ「GANTZ(ガンツ)」「GANTZ PERFECT ANSWER」
堤真一「SP 革命篇」
富澤たけし「一枚のハガキ」
永瀬正敏「毎日かあさん」
原田泰造「アントキノイノチ」
東山紀之「源氏物語 千年の謎」
古舘寛治「マイ・バック・ページ」
松山ケンイチ「マイ・バック・ページ」

 名バイプレーヤーとして活躍されているでんでんさんが助演男優賞初受賞。この賞では常連の香川照之さん等を抑えダントツの1位でした。「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」での赤い人も非常に印象的でしたが、作品賞1位の「冷たい熱帯魚」での殺人鬼役の怪演には圧倒されました。
 惜しくも2位の松田龍平さんは、「ほろ駅多田便利軒」「探偵はBARにいる」でのとぼけた感じが今までの二枚目役とは違いイイ味を出していたように思います。

日本映画助演女優賞

1位5票小池栄子「乱暴と待機」「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」「八日目の蝉」
2位4票長澤まさみ「岳−ガク−」「モテキ」
宮本信子「阪急電車 片道15分の奇跡」
4位3票冨樫真「恋の罪」
5位2票麻生久美子「モテキ」
榮倉奈々「アントキノイノチ」「東京公園」
忽那汐里「少女たちの羅針盤」「マイ・バック・ページ」
二階堂ふみ「指輪をはめたい」
9位1票芦田愛菜「うさぎドロップ」「阪急電車 片道15分の奇跡」
安藤サクラ「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」
池脇千鶴「神様のカルテ」
井上真央「八日目の蝉」
大方斐紗子「恋の罪」
大竹しのぶ「ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う」
大塚寧々「奇跡」
オカルト研の人「映画 けいおん!」
尾野真千子「小川の辺」
黒沢あすか「冷たい熱帯魚」
小西真奈美「東京公園」
小雪「探偵はBARにいる」
早織「エクレール・お菓子放浪記」
田中麗奈「源氏物語 千年の謎」
田畑智子「落語物語」
永作博美「八日目の蝉」
星野真里「デッドボール」
堀内敬子「サラリーマンNEO 劇場版(笑)」
真木よう子「SP 革命篇」
宮崎あおい「ツレがうつになりまして。」
山崎真実「電人ザボーガー」
吉高由里子「GANTZ PERFECT ANSWER」

 票が割れてしまいましたが、昨年度の助演女優賞で2位だった小池栄子さんが僅差で助演女優賞を受賞されました。「八日目の蝉」でのルポライター役の怪演(好演)が受賞のポイントだったと思います。
 2位の長澤まさみさんは、「モテキ」で今までのヒロイン役とは違うハジケた女性を、4位の冨樫真さんは、「恋の罪」での怪演と2012年の活躍に期待します。

日本映画ニューフェイスブレイク賞

1位6票二階堂ふみ「劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ」「指輪をはめたい」
2位4票夏菜「GANTZ(ガンツ)」
3位3票忽那汐里「少女たちの羅針盤」「マイ・バック・ページ」
まえだまえだ「奇跡」
5位2票前田敦子「もしドラ〜もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら〜」
前田旺志郎「奇跡」
7位1票芦田愛菜「うさぎドロップ」
有村架純「阪急電車 片道15分の奇跡」
大野いと「高校デビュー」
神楽坂恵「冷たい熱帯魚」
木村文乃「極道めし」
桜庭ななみ「天国からのエール」
大悟「漫才ギャング」
武田梨奈「女忍 KUNOICHI」「KG カラテガール」
豊崎愛生「映画 けいおん!」
長野じゅりあ「サルベージ・マイス」
野間口徹「SP 革命篇」
橋本愛「管制塔」
福本史織「白夜行」
松坂桃李「僕たちは世界を変えることができない。」
森迫永依「日輪の遺産」
山口拓「アブラクサスの祭」
吉高由里子「婚前特急」「GANTZ(ガンツ)」「GANTZ PERFECT ANSWER」

 「ヒミズ」で第68回ヴェネチア国際映画祭最優秀新人俳優賞を受賞した二階堂ふみさんが見事にニューフェイスブレイク賞を獲得しました。「劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ」で初主演を果たし、「指輪をはめたい」でその存在感を不動のものとした事が今回の受賞に繋がり、ヴェネチア国際映画祭最優秀新人俳優賞受賞への布石になりました。
 夏菜さんは「GANTZ」のイメージが印象的でしたし、まえだまえだは2人がいなければ「奇跡」は成立しませんでした。
 忽那汐里さんは映画で魅せた演技が印象的でした。
 今回選ばれた方々はデビューして数年経ていますが2011年度の映画出演で見事にブレイクを果たしました。

日本映画音楽賞

1位6票「モテキ」
2位4票「コクリコ坂から」
3位3票「忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー 〜感度サイコ―!!!〜」
「GANTZ(ガンツ)」
「劇場版マクロスF〜サヨナラノツバサ〜」
6位2票「ステキな金縛りONCE IN A BLUE MOON」
「電人ザボーガー」
「マイ・バック・ページ」
9位1票「一命」
「映画 けいおん!」
「AVN/エイリアンVSニンジャ」
「SP 革命篇」
「岳−ガク−」
「神様のカルテ」
「がんばっぺ フラガール! 〜フクシマに生きる。彼女たちのいま」
「奇跡」
「ゲキ×シネ 薔薇とサムライ」
「劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ」
「攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D」
「照和 My Little Town/KAI BAND」
「たまの映画」
「ダンシング・チャップリン」
「トーキョードリフター」
「friends もののけ島のナキ」

 ドラマ版の時から演出に音楽が重要な意味を担っていた「モテキ」が1位を獲得しました。大江千里から「ももいろクローバー」まで、世代を超えたヒット曲の使用とそれに沿ったノリの良い演出で、作品賞と共に高く評価されたことに納得です。
 「コクリコ坂から」は、レトロな作品に合った優しい音楽が思い出されます。
 「GANTZ」のテーマは不思議と身体が節を取ってしまうリズムでした。

日本映画ブーイングムービー賞

1位4票「DOG×POLICE 純白の絆」
2位2票「GANTZ PERFECT ANSWER」
「セカンドバージン」
「マイ・バック・ページ」
5位1票「一命」
「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」
「映画 怪物くん」
「AVN/エイリアンVSニンジャ」
「オムライス」
「監督失格」
「クヒオ大佐」
「軽蔑」
「源氏物語 千年の謎」
「これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫」
「婚前特急」
「スイッチを押すとき」
「ステキな金縛りONCE IN A BLUE MOON」
「探偵はBARにいる」
「手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく」
「東京オアシス」
「2ちゃんねるの呪い 劇場版」
「日輪の遺産」
「パレード」
「白夜行」
「プリンセス トヨトミ」
「ヘヴンズ ストーリー」
「僕と妻の1778の物語」
「星を追う子ども」
「洋菓子店コアンドル」

 「DOG×POLICE ドッグポリス 純白の絆」が4票を集めてしまいブーイングを受けてしまいました。題材は悪くなかったと思いますが、やはり観た方の中にはどう考えてもラストシーンは無理な展開だろうという部分でブーイングをされたのだと思います。その部分がなければここまでブーイングを受けなかったと思います。
 2位の3作品はそれぞれドラマや原作がありますが、ドラマの続きを描く難しさ、原作とは異なる部分に対してブーイングをされたのだと思います。
 その他色々な作品が上がりましたが、期待して観に行かれている中でこうなれば良かったと思って叱咤激励をされていますし、上がった作品を見た方の中にはよかったという方もいますので、良かった部分とそうではなかった部分を今後に活かされてほしいと思います。

日本映画投票者数ランキング

得点に関係なく、投票者数だけで決定するランキングです。
1位20人冷たい熱帯魚
八日目の蝉
3位18人阪急電車 片道15分の奇跡
4位15人ステキな金縛り
5位13人モテキ
6位11人コクリコ坂から
探偵はBARにいる
ツレがうつになりまして。
9位9人大鹿村騒動記
奇跡
マイ・バック・ページ
12位8人白夜行
13位7人エンディングノート
恋の罪
プリンセス トヨトミ
16位6人一命
GANTZ(ガンツ)
「太平洋の奇跡」−フォックスと呼ばれた男−
電人ザボーガー
東京公園
friends もののけ島のナキ
22位5人海炭市叙景
岳−ガク−
劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ
少女たちの羅針盤
指輪をはめたい
聯合艦隊司令長官 山本五十六
28位4人一枚のハガキ
うさぎドロップ
映画 けいおん!
さや侍
32位3人あぜ道のダンディ
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん
神様のカルテ
ジーン・ワルツ
とある飛空士への追憶
日輪の遺産
ハードロマンチッカー
はやぶさ HAYABUSA BACK TO THE EARTH
ふゆの獣
僕たちは世界を変えることができない。
僕と妻の1778の物語
毎日かあさん
ミツバチの羽音と地球の回転
洋菓子店コアンドル
46位2人あしたのジョー
行け!男子高校演劇部
忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー 〜感度サイコ―!!!〜
SP 革命篇
歓待-Hospitalité-
GANTZ PERFECT ANSWER
監督失格
がんばっぺ フラガール! 〜フクシマに生きる。彼女たちのいま
軽蔑
ゲキ×シネ 薔薇とサムライ
劇場版マクロスF〜サヨナラノツバサ〜
高校デビュー
婚前特急
最後の忠臣蔵
サラリーマンNEO 劇場版(笑)
タナトス
ダンシング・チャップリン
天国からのエール
ハラがコレなんで
Peace ピース
武士の家計簿
星守る犬
まほろ駅前多田便利軒
未来の記録
もしドラ〜もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら〜
YOYOCHU SEXと代々木忠の世界
ラビット・ホラー3D
73位1人相棒 劇場版 II
あぜみちジャンピンッ!
アトムの足音が聞こえる
アブラクサスの祭
アンダルシア 女神の報復
犬飼さんちの犬
うまれる
映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 〜はばたけ 天使たち〜
大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇
カリーナの林檎 チェルノブイリの森
川の底からこんにちは
管制塔
吉祥寺の朝日奈くん
キミとボク
源氏物語 千年の謎
ケンタとジュンとカヨちゃんの国
極道めし
サウダーヂ
死にゆく妻との旅路
朱花の月
照和 My Little Town/KAI BAND
ショージとタカオ
SPACE BATTLESHIP ヤマト
スマグラー おまえの未来を運べ
世界のどこにでもある、場所
その街のこども 劇場版
たまたま
ちょんまげぷりん
デンデラ
DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?
七つまでは神のうち
NINIFUNI
ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う
パンドラの匣
ヒーローショー
不倫純愛
ヘルドライバー
星を追う子ども
BOX 袴田事件 命とは
真夜中からとびうつれ
マリア様がみてる
見えないほどの遠くの空を
夜明けの街で
落語物語
乱反射
ワイルド7
惑星のかけら

 上位作品は作品賞とほぼ同一ですが、惜しくも次点となった「八日目の蝉」が、ここでは同率1位となりました。
 面白いのは、三谷作品は合う合わないがあるのか、投票者数は「阪急電車 片道15分の奇跡」のほうが上位となったことです。

日本映画思い入れ度ランキング

総得点を投票者数で割った一人あたりの平均得点(思い入れ度)ランキングです。(5票以上限定)
1位5.733 (86/15)ステキな金縛り
2位5.600 (28/5)聯合艦隊司令長官 山本五十六
3位5.429 (38/7)エンディングノート
4位5.300 (106/20)冷たい熱帯魚
5位5.222 (47/9)奇跡
6位5.000 (25/5)海炭市叙景
(30/6)電人ザボーガー
(65/13)モテキ
9位4.667 (28/6)東京公園
10位4.556 (41/9)マイ・バック・ページ
11位4.500 (90/20)八日目の蝉
12位4.455 (49/11)探偵はBARにいる
13位4.000 (28/7)恋の罪
14位3.944 (71/18)阪急電車 片道15分の奇跡
15位3.833 (23/6)friends もののけ島のナキ
16位3.667 (22/6)一命
17位3.600 (18/5)少女たちの羅針盤
18位3.571 (25/7)プリンセス トヨトミ
19位3.333 (20/6)GANTZ(ガンツ)
20位3.273 (36/11)コクリコ坂から
21位3.250 (26/8)白夜行
22位3.222 (29/9)大鹿村騒動記
23位3.200 (16/5)劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ
24位3.000 (15/5)指輪をはめたい
25位2.818 (31/11)ツレがうつになりまして。
26位2.167 (13/6)「太平洋の奇跡」−フォックスと呼ばれた男−
27位2.000 (10/5)岳−ガク−
(12/6)武士道シックスティーン
29位1.667 (10/6)RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語

 作品賞では3位に終わり、投票者数では「阪急電車 片道15分の奇跡」の後塵を拝した「ステキな金縛り」が、ここではトップとなりました。
 また作品賞ではベストテンぎりぎりだった「エンディングノート」や、圏外だった「聯合艦隊司令長官 山本五十六」が上位に入賞するなど、作品賞とはまた別のおもしろさがありました。

外国映画作品賞

有効投票数:61票
1位85点ブラック・スワン
2位70点英国王のスピーチ
3位61点ソーシャル・ネットワーク
4位59点X-MEN:ファースト・ジェネレーション
5位56点ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
6位48点ミッション:8ミニッツ
7位47点猿の惑星:創世記(ジェネシス)
8位42点127時間
マネーボール
10位36点塔の上のラプンツェル
11位33点スーパー!
リアル・スティール
13位31点キック・アス
14位30点ミスター・ノーバディ
未来を生きる君たちへ
16位28点トゥルー・グリット
17位27点宇宙人ポール
ゴーストライター
19位26点海洋天堂
20位25点エンジェル ウォーズ
わたしを離さないで
22位24点孫文の義士団
23位23点サラの鍵
ツリー・オブ・ライフ
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2
26位22点イリュージョニスト
27位20点SUPER8/スーパーエイト
ヒア アフター
29位18点アジョシ
イップ・マン 葉問
ザ・タウン
世界侵略:ロサンゼルス決戦
モールス
34位17点ラブ・アゲイン
35位16点息もできない
36位15点ジュリエットからの手紙
ブルーバレンタイン
38位14点悪魔を見た
新少林寺/SHAOLIN
ファンタスティックMr.FOX
41位13点イップ・マン 序章
恋とニュースのつくり方
ソウル・キッチン
44位12点ウッドストックがやってくる!
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
ピラニア3D
47位11点50/50 フィフティ・フィフティ
48位10点愛する人
永遠の僕たち
サンザシの樹の下で
51位9点カンフー・パンダ2
クレアモントホテル
この愛のために撃て
灼熱の魂
ぼくのエリ 200歳の少女
メアリー&マックス
RED/レッド
58位8点アメイジング グレイス〜儚き男たちへの詩〜
アリス・クリードの失踪
エッセンシャル・キリング
ザ・ファイター
シャンハイ
シルビアのいる街で
人生、ここにあり!
密告・者
ミラル
モンスターズ 地球外生命体
68位7点アウェイク
100,000年後の安全
テイカーズ
名前のない少年、脚のない少女
ハーモニー 心をつなぐ歌
バーレスク
74位6点アンストッパブル
ウィンターズ・ボーン
SOMEWHERE
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船
親愛なるきみへ
スプライス
母なる証明
ビー・デビル
BIUTIFUL ビューティフル
83位5点赤ずきん
あの頃、君を追いかけた
生き残るための3つの取引
イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ
インシディアス
カーズ2
神々と男たち
毛皮のエロス ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト
ゴモラ
ジャッカス3D
人生万歳!
トスカーナの贋作
光のほうへ
ペーパーバード 幸せは翼にのって
モンガに散る
ヤコブへの手紙
99位4点アジャストメント
アレクサンドリア
コンテイジョン
サヴァイヴィング ライフ 夢は第二の人生
しあわせの雨傘
台北カフェ・ストーリー
復讐捜査線
蜂蜜
メカニック
メタルヘッド
レッドバロン
110位3点家族の庭
カンパニー・メン
キッズ・オールライト
くたばれ!ユナイテッド −サッカー万歳!−
ゲーテの恋 〜君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」〜
再生の朝に -ある裁判官の選択
スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団
戦火のナージャ
台北の朝、僕は恋をする
チョン・ウチ 時空道士
ハーブ&ドロシー
ハウスメイド
バビロンの陽光
パリより愛をこめて
100歳の少年と12通の手紙
昼間から呑む
フィリップ、きみを愛してる!
フェア・ゲーム
ベンダ・ビリリ!〜もう一つのキンシャサの奇跡
マクナイーマ
マチェーテ
モンスター上司
闇の列車、光の旅
ライフ ─いのちをつなぐ物語─
ラビット・ホール
ラブ&ドラッグ
ランゴ
137位2点アーサー・クリスマスの大冒険
明りを灯す人
あなたの初恋探します
アンチクライスト
アンノウン
完全なる報復
黒く濁る村
コリン LOVE OF THE DEAD
サン・ジャックへの道
その男ヴァン・ダム
冷たい雨に撃て、約束の銃弾を
共喰山
ナルニア国物語 第3章:アスラン王と魔法の島
ニューイヤーズ・イブ
初恋の嵐
ハンナ
MAD探偵〜7人の容疑者
ムカデ人間
ラスト・ターゲット
ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD-
157位1点アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!
イングロリアス・バスターズ
エリックを探して
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー
コードネーム:カルロス 戦慄のテロリスト
再会の食卓
サンクタム
しあわせの隠れ場所
酔拳レジェンド・オブ・カンフー
スカイライン−征服−
スモールタウン マーダー ソングズ
1911
ソフィアの夜明け
ゾンビランド
ハッピーフィート2 踊るペンギンレスキュー隊
人喰猪、公民館襲撃す!
ランナウェイズ

 序盤では健闘していた「英国王のスピーチ」を抜き去り「ブラック・スワン」が1位を獲得しました。「X-MEN/ファーストジェネレーション」「ミッションインポッシブル/ゴースト・プロトコル」など,アクション娯楽大作の充実も目立っていました。
 2011年は完成度・満足度ともに高い作品が多かった印象があります。

外国映画監督賞

1位6票ダニー・ボイル「127時間」
2位5票ロマン・ポランスキー「ゴーストライター」
3位4票ジャコ・ヴァン・ドルマル「ミスター・ノーバディ」
ダーレン・アロノフスキー「ブラック・スワン」
ブラッド・バード「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」
6位3票マシュー・ヴォーン「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」
7位2票シルヴァン・ショメ「イリュージョニスト」
スティーヴン・ソダーバーグ「コンテイジョン」
ダンカン・ジョーンズ「ミッション:8ミニッツ」
デビッド・フィンチャー「ソーシャル・ネットワーク」
テレンス・マリック「ツリー・オブ・ライフ」
12位1票アン・リー「ウッドストックがやってくる!」
ギデンズ「あの頃、君を追いかけた」
ザック・スナイダー「エンジェル ウォーズ」
J・ブレイクソン「アリス・クリードの失踪」
ジョン・ラッセンホップ「テイカーズ」
ジル・パケ=ブレネール「サラの鍵」
スサンネ・ビア「未来を生きる君たちへ」
ダン・アイルランド「クレアモントホテル」
デヴィッド・イェーツ「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2」
テディ・チャン「孫文の義士団」
デブラ・グラニック「ウィンターズ・ボーン」
トマス・ヴィンターベア「光のほうへ」
トム・フーパー「くたばれ!ユナイテッド −サッカー万歳!−」
ファティ・アキン「ソウル・キッチン」
フランソワ・オゾン「しあわせの雨傘」
マーク・プライス「コリン LOVE OF THE DEAD」
マイケル・アプテッド「アメイジング グレイス〜儚き男たちへの詩〜」
マイケル・ベイ「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」
ヤン・イクチュン「息もできない」
ロジャー・ミッチェル「恋とニュースのつくり方」

 「127時間」のダニー・ボイル監督が初受賞です。ほとんどが独り芝居で、派手な展開もなく結末がわかっているのにもかかわらず、緊張感をたもちながら最後まで鑑賞できた、見事な映像と脚本に感服しました。
 作品賞で次点となり、アカデミー賞でも監督賞に輝いた「英国王のスピーチ」のトム・フーパー監督がまったく顔を出していなかったのは意外でした。

外国映画主演男優賞

1位7票ジェームズ・フランコ「127時間」
2位6票ブラッド・ピット「ツリー・オブ・ライフ」「マネーボール」
3位5票ジェシー・アイゼンバーグ「ソーシャル・ネットワーク」
4位4票コリン・ファース「英国王のスピーチ」
5位3票ドニー・イェン「イップ・マン 葉問」「イップ・マン 序章」「孫文の義士団」
6位2票アンディ・サーキス「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」
ヴィンセント・ギャロ「エッセンシャル・キリング」
ジェット・リー「海洋天堂」
マイケル・ファスベンダー「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」
ライアン・ゴズリング「ブルーバレンタイン」
11位1票アダム・ボウスドウコス「ソウル・キッチン」
アンディ・ラウ「新少林寺/SHAOLIN」
ウォンビン「アジョシ」
宇宙人ポール「宇宙人ポール」
ジェイク・ギレンホール「ミッション:8ミニッツ」
ジェイソン・ステイサム「メカニック」
ジャック・ブラック「ガリバー旅行記」
ジャレッド・レト「ミスター・ノーバディ」
ジョージ・クルーニー「ラスト・ターゲット」
ジョセフ・ゴードン=レヴィット「50/50 フィフティ・フィフティ」「メタルヘッド」
ジョニー・デップ「ランゴ」
タチシェフ「イリュージョニスト」
ダニー・トレホ「マチェーテ」
ディーター・ラーザー「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」
トム・クルーズ「リアル・スティール」
ヒュー・ジャックマン「RED/レッド」
ブルース・ウィリス「息もできない」
ヤン・イクチュン「ムカデ人間」

 監督賞にひきつづき「127時間」関連の受賞です。
 主演女優賞とは違い、こちらは大混戦でした。しかしながら振り返ってみれば上位4名5作品は全てアカデミー作品賞候補作ばかりでした。良い映画で堂々と主役を演じきった俳優が順当に評価された結果だと思われます。
 その中で、やはり一人芝居で1本の映画を丸々見せ切ったジェームズ・フランコが1位になったのはある意味当然の結果なのかも知れませんね。

外国映画主演女優賞

1位26票ナタリー・ポートマン「ブラック・スワン」「抱きたいカンケイ」「メタルヘッド」「水曜日のエミリア」
2位5票クロエ・グレース・モレッツ「キック・アス」「モールス」
3位2票クリスティン・スコット・トーマス「ずっとあなたを愛してる」「サラの鍵」
ジェニファー・ローレンス「ウィンターズ・ボーン」
ミシェル・ウィリアムズ「ブルーバレンタイン」
6位1票リーナ・レアンデション「ぼくのエリ 200歳の少女」
アマンダ・サイフリッド「クロエ」「親愛なるきみへ」「ジュリエットからの手紙」「赤ずきん」
エヴァン・レイチェル・ウッド「人生万歳!」
エマ・ワトソン「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2」
エミリー・ブラウニング「エンジェル ウォーズ」
カーリナ・ハザード「ヤコブへの手紙」
カトリーヌ・ドヌーヴ「しあわせの雨傘」
クリスティーナ・アギレラ「バーレスク」
サラ・ポーリー「スプライス」
サリー・ホーキンス「ハッピー・ゴー・ラッキー」
ジェシカ・アルパ「アウェイク」
ヒアム・アッバス「ミラル」
ヘイリー・スタインフェルド「トゥルー・グリット」
ヘレン・ミレン「テンペスト」
ミア・ワシコウスカ「永遠の僕たち」
メラニー・ロラン「黄色い星の子供たち」
レイチェル・マクアダムス「恋とニュースのつくり方」
レイチェル・ワイズ「アレクサンドリア」

 完全にナタリー・ポートマンの独壇場でした。全賞の中でも2位との差は最も大きく、また作品賞にひきつづき「ブラック・スワン」関連の受賞となります。
 そのナタリー・ポートマンを追うのがクロエ・グレース・モレッツ、ジェニファー・ローレンス、ミシェル・ウィリアムズという若手女優陣というのも面白いところ。この若手女優陣から次の受賞者が誕生する日もそう遠くないでしょう。

外国映画助演男優賞

1位7票ジェフリー・ラッシュ「英国王のスピーチ」「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉」
2位4票アンドリュー・ガーフィールド「ソーシャル・ネットワーク」「わたしを離さないで」
クリスチャン・ベール「ザ・ファイター」
4位3票アンディ・サーキス「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」
5位2票加瀬亮「永遠の僕たち」
ケヴィン・ベーコン「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」「ラブ・アゲイン」「スーパー!」
ジェレミー・レナー「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」「ザ・タウン」
セス・ローゲン「50/50 フィフティ・フィフティ」
チェ・ミンシク「悪魔を見た」
ニコラス・ツェー「新少林寺/SHAOLIN」「孫文の義士団」
マイケル・ファスベンダー「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」
12位1票アーロン・エッカート「世界侵略:ロサンゼルス決戦」
アラン・リックマン「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2」
アンドレア・ガッティノーニ「人生、ここにあり!」
オーウェン・ウィルソン「幸せの始まりは」
オスカー・アイザック「エンジェル ウォーズ」
北村昭博「ムカデ人間」
ケヴィン・コスナー「カンパニー・メン」
サイモン・ペッグ「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」
ジャスティン・ティンバーレイク「ソーシャル・ネットワーク」
シュー・ツァイゲン「再会の食卓」
ハリソン・フォード「カウボーイ&エイリアン」
フィリップ・シーモア・ホフマン「マネーボール」
ポール・ダノ「カウボーイ&エイリアン」
マーク・ウォールバーグ「アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!」「ザ・ファイター」
マーク・ラファロ「キッズ・オールライト」
ユアン・マクレガー「フィリップ、きみを愛してる!」
レイ・ウィンストン「復讐捜査線」
レイン・ウィルソン「メタルヘッド」「スーパー!」
渡辺謙「シャンハイ」

 「英国王のスピーチ」関連では、主演男優賞に続き2人目です。作品賞にはまったく顔を見せなかった「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉」のバイプレーヤーとしても評価されたというのも面白いところです。
 次点は、「ソーシャル・ネットワーク」で各賞を受賞・ノミネートされた若手のホープ、アンドリュー・ガーフィールドでした。

外国映画助演女優賞

1位4票ジェシカ・チャステイン「ツリー・オブ・ライフ」
ヘレナ・ボナム=カーター「英国王のスピーチ」「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2」
3位3票アビー・コーニッシュ「エンジェル ウォーズ」「リミットレス」
4位2票エレン・ペイジ「スーパー!」
ヴァネッサ・レッドグレイヴ「ジュリエットからの手紙」
レア・セドゥー「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」「ルルドの泉で」
7位1票アナ・ケンドリック「50/50 フィフティ・フィフティ」
アナリー・ティプトン「ラブ・アゲイン」
イメルダ・スタウントン「ウッドストックがやってくる!」
エイミー・アダムス「ザ・ファイター」
エマ・ワトソン「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2」
エル・ファニング「SUPER8/スーパーエイト」「SOMEWHERE」
オリヴィア・ウィリアムズ「ゴーストライター」
菊地凛子「シャンハイ」
キム・セロン「アジョシ」
グウィネス・パルトロウ「コンテイジョン」
ケイト・ブランシェット「ハンナ」
シェール「バーレスク」
ジェニファー・アニストン「モンスター上司」
シガニー・ウィーヴァー「宇宙人ポール」
ジュノー・テンプル「ミスター・ノーバディ」
ジュリアン・ムーア「ラブ・アゲイン」「キッズ・オールライト」
ナタリー・ポートマン「メタルヘッド」
バーバラ・ハーシー「ブラック・スワン」
ファン・ビンビン「新少林寺/SHAOLIN」「孫文の義士団」
ヘイリー・スタインフェルド「トゥルー・グリット」
ヘレン・ミレン「RED/レッド」
ポーラ・パットン「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」
ミア・ワシコウスカ「アルバート・ノッブス」「永遠の僕たち」「キッズ・オールライト」
ミシェル・モナハン「ミッション:8ミニッツ」
"ミラ・クニス"「ブラック・スワン」
ミラ・ジョヴォヴィッチ「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」
メリッサ・レオ「ザ・ファイター」
裕木奈江「レイキャビク・ホエール・ウォッチング・マサカー」
ユン・ヨジョン「ハウスメイド」
リヴ・タイラー「スーパー!」
レナ・オリン「アウェイク」

 助演男優賞を獲得し作品賞でも次点となるなど高い評価を得た「英国王のスピーチ」のヘレナ・ボナム=カーターと、賛否両論あった「ツリー・オブ・ライフ」のジェシカ・チャスティンがダブル受賞しました。
 3位には、オール女性キャストの「エンジェル ウォーズ」で活躍したアビー・コーニッシュが注目を惹いたようです。

外国映画ニューフェイスブレイク賞

1位8票ヘイリー・スタインフェルド「トゥルー・グリット」
2位5票エル・ファニング「SOMEWHERE」「SUPER8/スーパーエイト」
3位3票クロエ・グレース・モレッツ「キック・アス」「モールス」
4位2票ジェニファー・ローレンス「ウィンターズ・ボーン」「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」
ダコタ・ゴヨ「マイティ・ソー」「リアル・スティール」「ディフェンドー」
チョウ・ドンユィ「サンザシの樹の下で」
ミア・ワシコウスカ「永遠の僕たち」「キッズ・オールライト」
メリュジーヌ・マヤンス「サラの鍵」
9位1票アナリー・ティプトン「ラブ・アゲイン」
アマンダ・サイフリッド「赤ずきん」
ウィル・ポールター「ナルニア国物語 第3章:アスラン王と魔法の島」
エマ・ストーン「ラブ・アゲイン」
エレン・ウォン「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」
カーレ・ヘーデブラン「ぼくのエリ 200歳の少女」
北村昭博「ムカデ人間」
クリス・ヘムズワース「マイティ・ソー」
ジェシカ・チャステイン「ツリー・オブ・ライフ」
ジョエル・コートニー「SUPER8/スーパーエイト」
新キャスト達「スクリーム4:ネクスト・ジェネレーション」
セシル・ド・フランス「ヒア アフター」
ダイアナ・アグロン「アイ・アム・ナンバー4」
ディミトリ・マーティン「ウッドストックがやってくる!」
ヘンリー・ホッパー「永遠の僕たち」
ポール「宇宙人ポール」
ユーゴ・ルヴェルデ「黄色い星の子供たち」
"リース・ウェイクフィールド"「サンクタム」
ルーク・エヴァンズ「インモータルズ -神々の戦い-」「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」

 「トゥルー・グリッド」のヘイリー・スタインフェルドが逃げ切った形で1位を獲得しました。
 2位のエル・ファニングとは3票差ですが、ダコダ・ファニングの妹ということで知名度は高く、映画公開時期の相違といってもよく、ほとんど僅差ではないでしょうか。
 アカデミー賞を取る、もしくはノミネートされることによって映画が注目され、その映画で演技力が評価されるのは、新人にはとてもラッキーなことでしょう。
 また昨年度の本賞を獲得し、主演女優賞にもランクインしていたクロエ・グレース・モレッツが、今年も本賞にランクインされているのを始め、他にも昨年度の本賞で今年もランクインしているひとも何人か見受けられました。

外国映画音楽賞

1位4票「127時間」
2位3票「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」
3位2票「glee/グリー ザ・コンサート3Dムービー」
「SOMEWHERE」
「ソウル・キッチン」
「塔の上のラプンツェル」
「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」
「ニューイヤーズ・イブ」
「バーレスク」
「ヒア アフター」
「マネーボール」
「ランナウェイズ」
13位1票「アメイジング グレイス〜儚き男たちへの詩〜」
「アンダーグラウンド」
「エンジェル ウォーズ」
「ゴーストライター」
「ゴダール・ソシアリスム」
「コンテイジョン」
「ジュリエットからの手紙」
「スモールタウン マーダー ソングズ」
「ソーシャル・ネットワーク」
「孫文の義士団」
「ツリー・オブ・ライフ」
「トゥルー・グリット」
「ハッピーフィート2 踊るペンギンレスキュー隊」
「ハンナ」
「ブラック・スワン」
「ベンダ・ビリリ!〜もう一つのキンシャサの奇跡」
「ミスター・ノーバディ」

 「127時間」関連は、監督賞、主演男優賞と合わせ3賞受賞しました。とはいうものの1位でわずか4票と分散した傾向でした。
 音楽映画やミュージカル映画や豪華アーティストがサントラに参加している映画のような、インパクトのある音楽が印象的な映画より、スタイリッシュな映像とあった音楽が印象的だったA.R.ラフマーンの「127時間」のほうが評価が高かったようです。

外国映画ブーイングムービー賞

1位3票「カウボーイ&エイリアン」
「シャンハイ」
3位2票「アジャストメント」
「エンジェル ウォーズ」
「グリーン・ホーネット」
「スカイライン−征服−」
「ツリー・オブ・ライフ」
「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」
9位1票「アイリス -THE LAST-」
「インモータルズ -神々の戦い-」
「カンフー・パンダ2」
「グリーン・ランタン」
「黒く濁る村」
「サヴァイヴィング ライフ 夢は第二の人生」
「SOMEWHERE」
「サルトルとボーヴォワール 哲学と愛」
「シンパシー・フォー・デリシャス」
「SUPER8/スーパーエイト」
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」
「ツーリスト」
「テンペスト」
「ニューイヤーズ・イブ」
「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉」
「パラノーマル・アクティビティ」
「フェイク・クライム」
「ブラック・スワン」
「プリースト」
「ブリューゲルの動く絵」
「ブルーバレンタイン」
「ブンミおじさんの森」
「僕が結婚を決めたワケ」
「リセット」

 全体的に、作品の評価よりも期待はずれといえる作品が票を集めた感じです。特に予告編との乖離が大きい作品にそのような傾向が見られるようです。
 とはいうものの最高でも3票で票も分散していることから、今年は本賞としては特筆すべき作品はなかったといってよいかもれしません。

外国映画投票者数ランキング

得点に関係なく、投票者数だけで決定するランキングです。
1位22人ブラック・スワン
2位17人英国王のスピーチ
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
4位16人ソーシャル・ネットワーク
5位15人猿の惑星:創世記(ジェネシス)
ミッション:8ミニッツ
7位14人X-MEN:ファースト・ジェネレーション
8位11人マネーボール
リアル・スティール
10位10人トゥルー・グリット
11位9人宇宙人ポール
SUPER8/スーパーエイト
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2
14位8人ヒア アフター
127時間
わたしを離さないで
17位7人ゴーストライター
ツリー・オブ・ライフ
塔の上のラプンツェル
未来を生きる君たちへ
モールス
22位6人アジョシ
イリュージョニスト
ザ・タウン
ミスター・ノーバディ
海洋天堂
27位5人悪魔を見た
イップ・マン 葉問
エンジェル ウォーズ
サラの鍵
スーパー!
孫文の義士団
ラブ・アゲイン
34位4人エッセンシャル・キリング
キック・アス
ザ・ファイター
ジュリエットからの手紙
世界侵略:ロサンゼルス決戦
ピラニア3D
50/50 フィフティ・フィフティ
メアリー&マックス
42位3人アメイジング グレイス〜儚き男たちへの詩〜
息もできない
永遠の僕たち
カーズ2
サンザシの樹の下で
新少林寺/SHAOLIN
ソウル・キッチン
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
BIUTIFUL ビューティフル
ブルーバレンタイン
ぼくのエリ 200歳の少女
モンスターズ 地球外生命体
RED/レッド
55位2人愛する人
アジャストメント
アリス・クリードの失踪
アレクサンドリア
アンストッパブル
イップ・マン 序章
インシディアス
ウィンターズ・ボーン
ウッドストックがやってくる!
神々と男たち
カンフー・パンダ2
恋とニュースのつくり方
この愛のために撃て
コンテイジョン
SOMEWHERE
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船
灼熱の魂
100,000年後の安全
親愛なるきみへ
人生、ここにあり!
台北の朝、僕は恋をする
ニューイヤーズ・イブ
ハーモニー 心をつなぐ歌
バーレスク
ファンタスティックMr.FOX
フェア・ゲーム
密告・者
蜂蜜
ミラル
メカニック
ヤコブへの手紙
ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD-
87位1人アーサー・クリスマスの大冒険
アウェイク
赤ずきん
明りを灯す人
アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!
あなたの初恋探します
あの頃、君を追いかけた
アンチクライスト
アンノウン
生き残るための3つの取引
イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ
イングロリアス・バスターズ
エリックを探して
家族の庭
完全なる報復
カンパニー・メン
キッズ・オールライト
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー
くたばれ!ユナイテッド −サッカー万歳!−
クレアモントホテル
黒く濁る村
ゲーテの恋 〜君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」〜
毛皮のエロス ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト
コードネーム:カルロス 戦慄のテロリスト
ゴモラ
コリン LOVE OF THE DEAD
再会の食卓
再生の朝に -ある裁判官の選択
サヴァイヴィング ライフ 夢は第二の人生
サン・ジャックへの道
サンクタム
しあわせの隠れ場所
しあわせの雨傘
ジャッカス3D
シャンハイ
シルビアのいる街で
人生万歳!
酔拳レジェンド・オブ・カンフー
スカイライン−征服−
スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団
スプライス
スモールタウン マーダー ソングズ
戦火のナージャ
1911
その男ヴァン・ダム
ソフィアの夜明け
ゾンビランド
台北カフェ・ストーリー
チョン・ウチ 時空道士
冷たい雨に撃て、約束の銃弾を
テイカーズ
トスカーナの贋作
共喰山
名前のない少年、脚のない少女
ナルニア国物語 第3章:アスラン王と魔法の島
ハーブ&ドロシー
ハウスメイド
初恋の嵐
ハッピーフィート2 踊るペンギンレスキュー隊
母なる証明
バビロンの陽光
パリより愛をこめて
ハンナ
ビー・デビル
光のほうへ
人喰猪、公民館襲撃す!
100歳の少年と12通の手紙
昼間から呑む
フィリップ、きみを愛してる!
復讐捜査線
ペーパーバード 幸せは翼にのって
ベンダ・ビリリ!〜もう一つのキンシャサの奇跡
マクナイーマ
マチェーテ
MAD探偵〜7人の容疑者
ムカデ人間
メタルヘッド
モンガに散る
モンスター上司
闇の列車、光の旅
ライフ ─いのちをつなぐ物語─
ラスト・ターゲット
ラビット・ホール
ラブ&ドラッグ
ランゴ
ランナウェイズ
レッドバロン

 上位2作は作品賞と同様の結果となりましたが、同率2位に、作品賞では12位どまりだった「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」17票が入りました。2011年の終わり頃に公開され、年をまたいでいたことを考え合わせると、まさにシリーズ最高傑作という評価を裏付けているようです。

外国映画思い入れ度ランキング

総得点を投票者数で割った一人あたりの平均得点(思い入れ度)ランキングです。(5票以上限定)
1位6.600 (33/5)スーパー!
2位5.250 (42/8)127時間
3位5.143 (36/7)塔の上のラプンツェル
4位5.000 (25/5)エンジェル ウォーズ
(30/6)ミスター・ノーバディ
6位4.800 (24/5)孫文の義士団
7位4.600 (23/5)サラの鍵
8位4.333 (26/6)海洋天堂
9位4.286 (30/7)未来を生きる君たちへ
10位4.214 (59/14)X-MEN:ファースト・ジェネレーション
11位4.118 (70/17)英国王のスピーチ
12位3.864 (85/22)ブラック・スワン
13位3.857 (27/7)ゴーストライター
14位3.818 (42/11)マネーボール
15位3.812 (61/16)ソーシャル・ネットワーク
16位3.667 (22/6)イリュージョニスト
17位3.600 (18/5)イップ・マン 葉問
18位3.400 (17/5)ラブ・アゲイン
19位3.294 (56/17)ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
20位3.286 (23/7)ツリー・オブ・ライフ
21位3.200 (48/15)ミッション:8ミニッツ
22位3.133 (47/15)猿の惑星:創世記(ジェネシス)
23位3.125 (25/8)わたしを離さないで
24位3.000 (18/6)アジョシ
(27/9)宇宙人ポール
(18/6)ザ・タウン
(33/11)リアル・スティール
28位2.800 (14/5)悪魔を見た
(28/10)トゥルー・グリット
30位2.571 (18/7)モールス
31位2.556 (23/9)ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2
32位2.500 (20/8)ヒア アフター
33位2.222 (20/9)SUPER8/スーパーエイト

 上位入賞作品を見渡すと「スーパー!」「127時間」「孫文の義士団」「サラの鍵」「海洋天堂」「未来を生きる君たちへ」など、いわゆる単館系作品が多くを占めました。
 公開が小規模でも質の高い作品はやはり高い評価を受けるようで、映画ファンにとっては嬉しいかぎりです。