2013年度各種SNS投票用日本映画投票テンプレート

ブログ・mixiボイス・mixiページ・Facebookページ(以下「SNS等」と総称します)を開設されている方は、下記投票テンプレートをコピーし、ご自身のブログ・mixiボイス・mixiページ・Facebookページに投票内容をアップしていただき、アップしていただいた記事のURL等をtwitterにてご連絡いただくことにより日本映画部門への投票に参加できます。
外国映画部門は別記事へお願いします。
ご連絡用ツイートはこちらです。このツイートに必ず記事のURLをお書き添えください。
なお昨年までと同様、この発言に対するトラックバックによるご連絡も可とします。その場合は、トラックバックが正常に送信できたかどうかを必ずご確認下さい。
 どうしてもトラックバックがエラーになる場合も、昨年までと同様この記事に対するコメントでも可とします。この場合は、必ず元ブログ記事のURLをご記入下さい(表示ない場合は無効票とさせていただくことがあります)。

投票者の皆様へ

現在投票を受け付けておりますが、

今年よりホームページ並びにメインブログのサーバー移行により

昨年と異なるサーバーで運営しております。

しかし投票を受け付けている中でブログからトラックバックを受け付けている中で

gooブログなど複数のブログでトラックバックが

システムの問題上受け付けられないという問題が発生しました。

今回移行したメインブログの設定上即表示できない機能になっており投票者側から受け付け

たのかを確認することができない状況になっております。

ブログサービスによってはトラックバックの送受信の有無を確認可能なサービスもありますが

無いブログサービスでは確認が取れません。

そこで今回の事態を受けましてこれまでTwitterのつぶやきまとめサイト並びにTwitter投票受

付一覧で使用しておりますgooブログをお借りして

gooブログ等の緊急受付場所として設置する事に致しました。

2013年度日本インターネット映画大賞日本映画部門ブログ投票専用受付場所

gooブログの仕様ではトラックバック並びにコメントを即表示する設定にして投票者がその場で

確認できるように設定致しております。

gooブログでもトラックバックを受理しない場合は申し訳ございませんが

こちらのコメント欄にその旨をお伝え頂ければ

こちらスタッフでその件につきまして対応致します。

現在こちらで受付確認ができているブログサービスは

livedoorBlog

ココログ

OCN Blogzine ブログ人

So-netブログ

エキサイトブログ

yaplog

はてな

NetLaputa Blog

以上のブログサービスにつきましては現在までは受理できております。

以上のブログサービスでも即確認されたい方につきましては

gooブログでも投票を受け付けます。

2013年度日本インターネット映画大賞日本映画部門ブログ投票専用受付場所

新年早々投票者に多大なご迷惑をお掛けした事を深くお詫び申し上げます。

今後とも日本インターネット映画大賞をよろしくお願い致します。

日本インターネット映画大賞運営委員会 

以下に日本映画作品用の投票テンプレートを用意しました。これをコピーして御利用下さい。
なお3作品のみ投票される方のために、簡易投票用テンプレートもこちらに用意しました。

応募の詳細については、日本インターネット映画大賞オフィシャルサイトをご参照ください。

[作品賞投票ルール(抄)]

  • 選出作品は3作品以上10作品まで
  • 持ち点合計は30点以下。ただし投票本数が3本の場合は30点(10点×3作品)とする
  • 1作品に投票できる最大は10点まで


-----------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票テンプレート 』

【作品賞】(3本以上10本まで)
「           」    点
「           」    点
「           」    点
「           」    点
「           」    点
「           」    点
「           」    点
「           」    点
「           」    点
「           」    点
【コメント】

—————————————————————–

【監督賞】              作品名
[           ] (「        」)
【コメント】

【主演男優賞】
[           ] (「        」)
【コメント】

【主演女優賞】
[           ] (「        」)
【コメント】

【助演男優賞】
[           ] (「        」)
【コメント】

【助演女優賞】
[           ] (「        」)
【コメント】

【ニューフェイスブレイク賞】
[           ] (「        」)
【コメント】

【音楽賞】
「           」
【コメント】

—————————————————————–

【私が選ぶ○×賞】
[           ] (「        」)
「           」
【コメント】

—————————————————————–
この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
(同意しない方は「同意する」を「同意しない」に書き改めて下さい)
—————————————————————–

投票を簡便化するため、少数作品投票専用の簡易テンプレートを作成しました。
もちろん通常のテンプレートをご利用いただいてもかまいません。
次の条件で投票される方は、こちらのテンプレートを利用されることもご検討ください。

  • 作品賞の投票数は3作品のみとし、同一配点(10点)とする
  • 部門賞のコメントは記入しない
  • 私が選ぶ○×賞へは投票しない

-----------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票簡易テンプレート 』

【作品賞(各10点)】
「           」
「           」
「           」

【監督賞】[           ] (作品名「        」)

【主演男優賞】[           ] (作品名「        」)

【主演女優賞】[           ] (作品名「        」)

【助演男優賞】[           ] (作品名「        」)

【助演女優賞】[           ] (作品名「        」)

【ニューフェイスブレイク賞】[           ] (作品名「        」)

【音楽賞】[           ] (作品名「        」)

—————————————————————–
この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
(同意しない方は「同意する」を「同意しない」に書き改めて下さい)
—————————————————————–

TrackBack URL
承認制なので、反映までにはお時間をいただきます。また投票と関係のないTBは掲載しません。
http://www.movieawards.jp/blog/wp-trackback.php?p=65

2013年度各種SNS投票用日本映画投票テンプレート” への28件のコメント

  1. ピンバック: trivialities

  2. ピンバック: 佐藤秀の徒然幻視録

  3. トラックバックができないので、コメントさせていただきます。
    【作品賞】(3本以上10本まで)
      「舟を編む 」    5点
      「映画『立候補』 」    4点
      「燦燦-さんさん- 」    4点
      「言の葉の庭 」    3点
      「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈り物 」    3点
      「かぐや姫の物語 」    3点
      「相棒シリーズ X DAY 」    2点
      「共喰い 」    2点
      「さよなら渓谷 」    2点
      「凶悪 」    2点
    【コメント】
    文句なく、スゴイ傑作、と思えるような作品は、あまり、見当たらなかったのですが、それなりに楽しめる作品は多かったような気がします。7~10位は、選から漏れた作品を含め、かなり迷いました。
    「舟を編む」は、長編の原作を無理なくまとめられていて、面白く観ることができました。「映画『立候補』」は、これまで、気になってきた人々のことが取り上げられ、興味深く観ることができましたし、エンターテイメント作品としてもまとまっていたと思います。「燦燦-さんさん-」は、作品の視点が面白く、これからの高齢化社会の一面を見事に捉えていて秀逸。「言の葉の庭」は、史上最高に雨を美しく描いたアニメではないかと思います。「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈り物」は、前作に引き続き、2人の情熱をしっかり伝えていて作品の世界に惹き込まれました。「かぐや姫の物語」は、これまでのジブリ作品では一番ではないかと思います。「相棒シリーズ X DAY」は単なるスピンオフ作品という以上の出来だったと思います。「共喰い」「さよなら渓谷」「凶悪」は、それぞれに魅力的な原作の味わいをよく出していたと思います。
    —————————————————————–
    【監督賞】           作品名
       [石井裕也     ] (「舟を編む」)
    【コメント】面白かったです。何気なく使っている辞書を作るという作業の背景にあるものを伝えてくれて、その地味で根気の必要な作業を地道に続けている人々の様子が描かれていて引き込まれました。
    【主演男優賞】
       [堤真一      ] (「俺はまだ本気出してないだけ 」)
    【コメント】意外な感じもするキャスティングでしたが、ど~~~しようもない中年オヤジを見事に作中に存在させていたと思います。
    【主演女優賞】
       [吉行和子     ] (「燦燦-さんさん-」)
    【コメント】しっかり年齢を重ねているところを出しながら、可愛らしさも覗かせていて印象的でした。
    【助演男優賞】
       [大西信行     ] (「さよなら渓谷」)
    【コメント】事件を越えて、何も変わらない会話をかな子と交わす場面などゾクゾクしました。
    【助演女優賞】
       [樹木希林     ] (「そして父になる 」)
    【コメント】他の作品でもそうですが、この人の登場で作品全体が締まる感じがします。子どもの取り違えが分かった娘に掛ける言葉も、この人の口から発せられたことで作中で生きている感じがします。
    —————————————————————–
    【私が選ぶベスト声優賞】
       [地井武男     ] (「かぐや姫の物語」)
    【コメント】まさに、鬼気迫る演技だったと思います。もしかしたら、ご自身が、最期の仕事になることを覚悟していたのではないかと思えるようなそんな凄みが感じられる演技で、実に印象的でした。
    —————————————————————–
     この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。

  4. ピンバック: タニプロダクション

  5. ピンバック: SHOのゆるゆる通信

  6. ピンバック: オールマイティにコメンテート

  7. ピンバック: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常

  8. ピンバック: Simple*Life ドラマ感

  9. ピンバック: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver

  10. ピンバック: とりあえず、コメントです

  11. ピンバック: 映画見聞録

  12. ピンバック: お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法

  13. ピンバック: こねたみっくす

  14. ピンバック: ダイターンクラッシュ!!

  15. ピンバック: 今年できる事は今年中にやっちゃった方が区切りがいいんだけど つい来年から仕切り直しゃいーやって思って後回しにしてしまうの が年末のお約束

  16. ピンバック: キネマのマ ~ りゃんひさ 映画レビューなどなど

  17. ピンバック: 映画のブログ

  18. ピンバック: はなうたまじり

  19. ピンバック: ふじき78の死屍累々映画日記

  20. ピンバック: がらくた新館

  21. ピンバック: SIVAのしっぽ

  22. ピンバック: ラジオ映画館

  23. ピンバック: ここなつ映画レビュー

  24. ピンバック: 少年トッパ

  25. ピンバック: シネマ親父の“日々是妄言”

  26. ピンバック: graceの「こ~んなまいにち」

  27. ピンバック: 映画@見取り八段

  28. ピンバック: 流れよわが涙、と、おぢさんはゆった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です